前へ
次へ

葬式や受け付け係の決め方やマナーとは

葬儀を執り行うとなれば、喪主がメインとなって全てを決めたり取り仕切っていったりすることになりますが、喪主が一人で全てをこなすのは、現実問題として不可能です。
様々な係をみんなで分担することになります。
その際には、受付係も必須となります。
葬儀の受付係は誰がやるという決まりはありませんが、受付係は葬儀や告別式へ出席することは物理的に不可能になるので、遺族や親族ではない人に頼むことが多いです。
場合によっては葬儀社に依頼して任せることもあります。
一般的には、近所の人や会社関係の人にお願いすることが多くなりますが、それも葬儀の規模に応じて人数なども変えても問題はありません。
葬儀社以外の人にお願いして引き受けてもらった場合には、受付係の人への謝礼金も用意しておく必要があります。
受付係は葬儀の顔となることも頭に置いておかなくてはならないポイントであり、信頼できる人に任せることが重要になってくることは確かです。

Page Top