前へ
次へ

葬式のマナーと参列時の注意点の詳細

葬式に参列する際、宗派ごとに異なるマナーがあるので事前の確認を済ませておくことが大切です。
特に葬式の場での言動には注意を払うように努めます。
また、合掌や塩降りなど葬式における一般的な動作も特定の宗派ではタブーとされるケースがあるので、宗派のルールを把握していない場合は周りに合わせて行動するのが無難です。
葬式に参列する際は黒を基調とした喪服を着るのが慣例になっています。
洋服では男性はスーツ、女性は基本的にワンピースかツーピースを着るのがマナーとされ、アクセサリー類は使いません。
例外的に真珠を使ったアクセサリーは許容されることもありますが、目立ち過ぎないシンプルなデザインの物に留めます。
子供が参列する場合は喪服に類似した暗い色の服を着せるのが一般的な対処法です。
学生であれば学校指定の制服を着せることで式服・礼服と見做すことが出来ます。
葬式は故人を偲んで見送る場ですが、ルールやマナーを遵守して参列するのが社会人として求められる姿勢です。

Page Top