前へ
次へ

葬式に参列する時のマナーについて

葬儀と告別式は本来は分かれているものでしたが、近年ではこの二つに関しては続けて行われることが一般的なスタイルとなっています。
葬儀と告別式の時間が分けられている場合には、友人や知人程度の関係であれば葬儀の時間は待機して、後半の告別式から出席するのがマナーの一つという考え方もあるので、しっかりチェックしておくようにしましょう。
な葬儀と告別式がそのまま続けて行われるという場合には、開始から終了まで参列するのが基本となっているので、遅刻をしないように気をつけなくてはなりません。
葬儀開始時刻の10分前程度に到着するようにしておきましょう。
葬儀に参列したらそのまま告別式にも参列するのが原則ですが、告別式だけの場合は、焼香や拝礼の列の後ろに付くようにしましょう。
遅刻はマナー違反となりますが、あまりに早く到着しすぎるのも準備ができていないこともあり、迷惑になってしまうことがあるので、時間には気をつける必要があります。

Page Top