前へ
次へ

喪主の決め方をチェックしてみよう

仏式のお葬式は喪主を決めるのが一般的です。
喪主は葬儀の手配をすすめる重要な役割を担います。
喪主の決め方としては、もし故人は遺言で「この人に喪主をして欲しい」と決めていた場合は、その遺言通りにするのが基本です。
もし、遺言で指定されていなかった場合は、一般的な慣習によって選ぶことになります。
日本の慣習では故人の配偶者が、喪主となるのが一般的です。
ご主人が亡くなられたら奥様が、奥様が亡くなられた場合はご主人が喪主を務めます。
ただ個人の配偶者がご高齢で、喪主を務めることができないというケースも少なくありません。
このようなケースでは血縁関係から選ぶのが一般的です。
故人との血縁関係の深い方が優先されます。
血縁関係の深い順に並べると、長男・次男以降直系の男子・長女・長女以降直系の女子・故人の両親・故人の兄弟姉妹となります。
もし、故人に血縁者がいないという場合は、知人・友人や入所していた介護施設の代表者が喪主を務めるケースが多いようです。

Page Top