前へ
次へ

葬式に参列する際の身だしなみのマナー

葬式に足を運ぶ時には、ありとあらゆるマナーに気をつけておく必要があります。
服装やヘアスタイルに気がいってしまいがちですが、アクセサリーにも気をつけなくてはなりません。
基本的には結婚指輪以外はつけないようにしておくべきという考えもありますが、女性の場合にはアクセサリーは涙を連想する白のパールで一連のネックレスか一粒タイプのイヤリングのどちらかならば、身につけていてもマナー違反にはなりません。
この際に気を開けなくてはならないのが、二連のネックレスは選ばないという点です。
二連となれば不幸が重なるという意味になってしまうのでマナー違反です。
パンプスは黒系のものになり、ストッキングも黒色にしてときましょう。
通夜に参列するときは肌色のストッキングでもよいとされますが、どちらの場合でも素足にはならないように気をつけておきましょう。
身だしなみのマナーはかなり重要なポイントとなってくることは確かではないでしょうか。

Page Top