前へ
次へ

葬式に参列する際に気をつけるべきマナー

訃報が届き葬式に足を運ぶことになった時には、マナーには十分気をつけなくてはなりません。
身だしなみはもちろんですが、振る舞いにも気をつけましょう。
親しい間柄でない限りは、遺族に挨拶するのは控えたほうが良いと言えます。
挨拶もないと失礼になるのではないかと考えてしまいがちですが、参列したこと自体が、弔意を表したということになるので問題はありません。
遺族と親しかった場合でも、長話はしないように気をつけ、お悔やみの言葉は、手短に述べるのが基本のマナーとなっています。
当然のことではありますが、遺族に対して故人が亡くなられた経緯を聞くことは、配慮に欠けておりマナー違反なので気をつけましょう。
悲しみを増長させることになってしまいます。
もちろん遺族と話し込まないだけではなく、参列者同士でも話し込むのはマナー違反となります。
知り合いにあった場合でも、軽く挨拶する程度にとどめておくことが葬儀の際のマナーと言えます。

Page Top