前へ
次へ

お葬式に履く靴のマナーをチェック

一般的な仏式のお葬式に参列する場合、服やブラックフォーマルを着用するのが基本です。
ただ、服だけでなく履く靴もお葬式ならではのマナーがあります。
いざという時に困らないよう、お葬式にはどのような靴を履いていくのがマナーなのかを、チェックしておくと良いでしょう。
靴の色は服同様、黒を選びます。
ただし黒でもエナメルなど光る素材のもので作られている靴はNGです。
牛皮などの皮靴も殺生をイメージさせることから、お葬式の場ではふさわしくないと言われています。
合皮の黒い靴を選ぶと良いでしょう。
合皮であっても型押しされているような靴は、マナー違反となるので履かないようにします。
また、男性・女性共に金具がついていないデザインを選ぶようにしましょう。
女性の場合、サンダルやミュールなど露出の多い靴、ピンヒールといった靴を履くのはNGです。
また履きやすいと人気のウェッジソールも、カジュアルな印象を与えてしまうので、お葬式にはふさわしくありません。
シンプルなパンプスを選ぶのがおすすめです。

Page Top